本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 教員一覧  > 秋本 昌士

秋本 昌士

プロフィール

秋本 昌士 准教授

氏名 name
秋本 昌士(Masashi Akimoto)

所属
商学部商学科 流通・マーケティングコース

職位・役職
准教授

担当科目 マーケティング論A・B、マーケティング・リサーチ論、消費者行動論、広告論、応用商学Ⅵ(マーケティング)
オフィスアワー毎週水・木・金曜日昼休み
ホームページ  
メールアドレス  
略歴

企業勤務を経て

  • 2001年3月 早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了
  • 2006年3月 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
  • 2003年4月~2006年3月 早稲田大学産業経営研究所助手
  • 2006年4月~2010年3月 中村学園大学流通科学部専任講師
  • 2010年4月 愛知学院大学商学部専任講師
  • 2011年7月より 現職

メッセージ

愛知学院大学商学部では、将来の就職活動や仕事に直結する実践的な内容を恵まれた環境で思う存分学ぶことができます。しかし、だからといって、小手先の技術の習得に終始することが大学での勉強ではありません。卒業後、何年、年十年経っても通用する「自分で学び、考え抜く力」を身につけることこそが大学生活の究極の目的になります。ぜひ本学で本物の「自分で学び、考え抜く力」を身に付け、人生の礎を築いてください。

教員の研究テーマ

専門領域はマーケティング論(特に消費者行動論)です。消費者行動論の知見にもとづいて、新しい製品やサービスの開発のあり方、市場導入に際してのコミュニケーションの方法などについて研究しています。

ゼミナールの研究テーマ

本ゼミナールでは、消費者行動、ブランド、広告、マーケティング・コミュニケーション、流通など、マーケティングに関連するさまざまなテーマを扱っています。

研究業績

著書

  • 『イノベーションの消費者行動』(単著)成文堂,2012年
  • 『1からのマーケティング分析』(共著)碩学舎,2011年。
  • 『現代マーケティング論』(共著)実教出版,2006年。

論文等

  • 「地域金融機関と住宅ローンに関する選択行動」(共著)『流通研究』愛知学院大学流通科学研究所,2015年。
  • 「マーケティングにおける製品またはサービスの『革新性』概念―『差異』としての革新性―」(単著)『地域研究』愛知学院大学産業研究所,2010年。
  • 「製品またはサービスの市場導入におけるブランディングの論理」(単著)『中村学園大学流通科学研究所叢書』中村学園大学流通科学研究所,2009年。
  • 「参入タイミングと消費者の選好との関係―ブランド間の差異に注目して―」(共著)『消費者行動研究』日本消費者行動研究学会,2008年。
  • 「消費者のイノベーション採用行動に影響を与える要因―消費者革新性概念の再考―」(単著)『産業経営』早稲田大学産業経営研究所,2005年。

学会報告

  • 「消費者の情報処理と差別化戦略の有効性」(単独)日本商業学会中部部会,2014年。
  • 「消費者にとって差別化とは何か―消費者行動研究の知見にもとづいて―」(単独)日本商品学会全国大会,2013年。
  • 「マーケティングにおける態度研究の諸問題」(単独)日本商業学会中部部会,2012年。
  • 「マーケティングにおける『革新性』概念について―『革新性』の『質』的側面を中心に―」(単独)日本商業学会中部部会,2010年。
  • 「新規導入ブランドにおける革新性の『質』について―消費者の認知的側面を中心に―」商品開発・管理学会全国大会,2008年。
  • 「消費者のカテゴリー化と市場における先発優位性」日本消費者行動研究学会全国大会,2004年。

所属学会

日本商業学会、日本商品学会、日本消費者行動研究学会、商品開発・管理学会

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.