本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 教員一覧  > 橋本 理博

橋本 理博

プロフィール

橋本 理博 准教授

氏名 name
橋本 理博(HASHIMOTO Masahiro)

主な担当コース
会計・金融コース

職位・役職
准教授

担当科目 金融論A・B、国際金融論A・B、経済学A・B、演習Ⅰ・Ⅱ、商学特論Ⅲ・Ⅹ、応用商学ⅩⅡ
オフィスアワー毎週金曜3限
ホームページ  
メールアドレス  
略歴
  • 2014年3月 名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
  • 2014年4月 名古屋大学大学院経済学研究科特別研究員
  • 2015年4月 帝塚山大学経済学部専任講師
  • 2019年4月 神戸大学経済経営研究所非常勤講師
  • 2019年4月 滋賀大学経済学部附属リスク研究センター客員研究員
  • 2020年4月 名古屋経済大学経済学部准教授
  • 2021年4月 愛知学院大学商学部准教授

メッセージ

大学は将来の可能性を大いに高められる場所です。学生生活では、学業や課外活動に精力的に取り組むこと以外にも、多くの本を読み、多くの人と交流する機会を持ち、少しでも興味や関心のあることには果敢に挑戦してみて下さい。小さな一歩が大きな可能性に繋がっています。

教員の研究テーマ

銀行システムの歴史研究および国際比較研究

ゼミナールの研究テーマ

経済社会における金融の役割

研究業績

著書(共著書)

  • 『地域金融機関による事業承継支援と信用保証制度―地域企業の発展に貢献できる地域金融を目指して―』(家森信善編)、中央経済社、2020年7月。
  • 『大規模災害リスクと地域企業の事業継続計画―中小企業の強靭化と地域金融機関による支援―』(家森信善、浜口伸明、野田健太郎編)、中央経済社、2020年9月。

論文

  • 「アムステルダム銀行におけるマーチャント・バンカーの決済傾向:ホープ商会の事例」『経済科学』第61巻第3号、2013年12月、35-52頁。
  • 「18世紀における国際的決済とアムステルダム銀行」『証券経済学会年報』第49号別冊、2015年4月、1-10頁。
  • 「金融史研究におけるアムステルダム銀行の位置」『名古屋学院大学論集(社会科学篇)』第55巻第2号、2018年10月、83-95頁。
  • 「アムステルダム銀行の預金受領証は『銀行券』だったのか―受領証の性格が映し出す銀行券と銀行預金の同一性」『法と経営研究』第2号、2019年1月、103-121頁。
  • 「損害保険会社の社員の金融リテラシーと金融教育の課題―2018年と2019年の調査結果を中心にして―」(共著:家森信善)『損害保険研究』第82巻第3号、2020年11月、1-34頁。

所属学会

社会経済史学会、政治経済学・経済史学会、日本金融学会、法と経営学会

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.