本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 教員一覧  > 笠置 剛

笠置 剛

プロフィール

笠置 剛 講師

氏名 name
笠置 剛(Go Kasagi)

所属
商学部商学科 ビジネス情報コース

職位・役職
講師

担当科目 コンピュータグラフィックス、マルチメディア論、Webデザイン、情報リテラシーA・B、外国書講読A・B、演習I・Ⅱ
オフィスアワー日進:毎週火曜日・昼休み(12:40~13:30)
名城公園:毎週水曜日・昼休み(12:10~13:10)
ホームページ  
メールアドレス  
略歴
  • 2009年 (桜花学園名古屋短期大学保育科非常勤講師)
  • 2011年 名城大学大学院都市情報学研究科博士後期課程修了
  • 2011年 名城大学総合研究所研究員
  • 2011年 (名古屋石田学園星城大学経営学部非常勤講師)
  • 2014年 名城大学都市情報学部特任助手
  • 2015年 愛知学院大学商学部専任講師

メッセージ

ひとつ考えてみてください。楽しい時には、より楽しくするためのことを。辛い時には、どう克服し楽しくなるのかを。覚えるだけの知識だけが全てではなく、そこから何を考えるのかを楽しんでください。

教員の研究テーマ

コンピュータグラフィックスおよび人間の視覚情報の認知と行動

ゼミナールの研究テーマ

商学に関する人間の認知および行動

研究業績

著書

  • 『ビジネスのためのデータ処理リテラシー』創成社(第4章~第7章),(2017)
  • 『文書作成リテラシー』創成社(第9章~第11章),(2017)

論文等

  • 「AR表示における表示領域の視認特性」, 日本産業経済学会 産業経済研究,第17号,(2018)
  • 「商業施設における視覚的演出効果」, 日本産業経済学会 第16回研究発表論集,pp.66-71,(2017)
  • 「前景との照合型指示表示におけるエリアの縮尺の設定」, ヒューマンインタフェース,Vol.18, No.1, pp.35-43,(2016)
  • 「自動車用AR(Augmented Reality)表示装置の視覚情報受容における優位性解析」, 映像情報メディア,Vol.69, No.10, pp.J286-J291,(2015)
  • 「自動車用遠赤外線画像の表示特性とドライバの認知特性」, 自動車技術会 自動車技術会論文集,Vol.41 No.6,pp.1405-1410,(2010.11)

学会報告等

  • 「商業施設における視覚的演出効果」, 日本商業施設学会 第16回全国大会,愛知学院大学,(2017.8)
  • 「自動車用AR(Augmented Reality)表示装置応用上の情報認知的課題解決の方向性─表示像画角拡大と表示像二重視課題─」, 自動車技術会 2015年秋期大会,S076, pp.400-405,北九州国際会議場,(2015.10)
  • 「簡易CGによる道路案内標識のチャンク数と通過速度に関する室内実験プログラムの開発」, 土木学会,第51回土木計画学研究会, 26-05,九州大学, (2015.6)
  • “How Drivers Can Cognize Human Presence in Far-Infrared Images”, 18th International Display Workshops,NAGOYA CONGRESS CENTER (Japan), (2011.12)
  • “Driver's Cognition of Human Presence in Far-Infrared Images”, 17th ITS World Congress,BEXCO (Busan), (2010.10)
他、全国大会、支部大会等 28件(2018.3現在)

所属学会

日本商業施設学会,日本産業経済学会,情報処理学会,映像情報メディア学会,自動車技術会

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.