| お知らせ | 愛知学院大学 商学部

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ

お知らせ

カテゴリー別アーカイブ: 学生

新入生の皆さんへ(学部長挨拶)

新入生の皆さんの入学をお祝いいたします。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は入学式を挙行できません。皆さんは大学生活のスタートを彩る式典に参加できず、残念な気持ちでいっぱいだと思います。いつもは、入学式当日に、皆さんに加え保護者の方々を前に、学部長挨拶を行うのですが、今年度はそれが叶いませんので、その代わりに、ここに挨拶文を掲載いたします。ここでは、皆さんにどのように学生生活を送って欲しいのか、私なりの考えを述べて挨拶といたします。

まず、皆さんが生まれた年に思いをはせてください。皆さんのほとんどは2001年前後に生まれたと思います。2001年はどういう年だったのか少し振り返ってみます。

この年、アメリカにおいて同時多発テロが起きました。ニューヨークの世界貿易センタービルに飛行機が衝突して、ビルが崩れ去りました。それに対して、アメリカ軍はアフガニスタンに侵攻しました。

日本においては、この年、中央省庁再編が行われました。その結果、厚生労働省や国土交通省などが生まれました。また、小泉純一郎さんが首相になり、小泉政権による「聖域なき構造改革」が日本中で話題になり、流行語にさえなりました。

経済面では、大阪にUSJが誕生しました。さらに東京ディズニーランドにディズニーシーが併設されました、本格的なテーマパーク競争時代が到来しました。ブロードバンドという言葉が登場し、ヤフーなどが有線による高速通信サービスを提供しました。本格的なネットビジネスの時代を迎えました。また、JR東日本が電子マネーSUICAを導入し、ようやく電子マネーの普及が始まりました。雇用面では、求人倍率は0.6程度と低くて、就職活動に苦労する学生が多く、就職氷河期という言葉が頻繁に使われました。

愛知学院大学商学部がこの年どういう状況にあったかというと、キャンパスは日進市にあり、商学科と産業情報学科の2学科体制、1学年の定員は550名でした。

あれから20年近く経ち、私たちの生活はどうなったでしょうか? 2001年当時インターネットはまだ特別な存在で、パソコンを利用して有線で接続していましたが、今ではスマートフォンが普及し、スマートフォンを使って無線で接続して、ゲームをしたり、買い物をしたり、メールを送受信したりするようになりました。電子マネーは今や当たり前の存在になり、バーコード決済など新種のキャッシュレス決済も私たちは活用しています。

この商学部をとりまく環境はどうなったでしょうか? 日進キャンパスから全面的に名城公園キャンパスに移転しました。この4月から全ての商学部学生が名城公園キャンパスで学ぶことになりました。現在学科は商学科1学科のみ。1学年の定員は250名です。キャンパス、学科、カリキュラム、定員など全く変わってしまっています。

こういう状況を踏まえて、新入生の皆さんがこの先4年間何をすべきなのか。これから皆さんが生きていく世界は、これまでと同様かこれまで以上に変化が激しいと考えてください。したがって、激しい変化に対応できる人材にならないと職業人として生き残っていくことは難しいでしょう。大学在籍中、変化に対応できる力の基盤を作り上げてください。

そのためには、どうすればよいのでしょうか?

大学には、中学や高校あるいは専門学校とは違う、際立った特長があります。それは、教育と研究が一体化している点です。研究とは、未知の事柄に対して、自分なりに答えを見つけ出す努力を指します。そのため、まず世の中で解明されていない事柄や現状の問題を見つけ出す必要があります。つぎに、それに対して、解決案の導出に向けて試行錯誤することが求められます。大学では、教員がリードして、この営みに学生を巻き込んで教育を進めるのです。教員が定まった答えを伝授し、それを学生に覚えこませることは大学教育の本質とはいえません。

皆さんは、拙いながらもその研究に積極的に取り組んでいくことによって、変化適応力の基盤が形成されます。変化の激しい時代、とくに経済においては、定まった答えなど存続しえません。答えはすぐさま古びてしまいます。したがって、自分なりに問題を見つけ出して、解決案を考察しなければならないのです。大学において、研究に巻き込まれれば、自分なりに問題を見つけ出して、解決案をひねり出すために試行錯誤する習性が身につきます。これこそが変化に対応できる力の基盤なのです。商学部では演習と呼ばれる科目を中心に、学生を研究に巻き込む教育が展開されています。例えば、なぜ今日本では人手不足なのに賃金が上がらないのか、どうすればアマゾンに対抗して小売店は生き残っていけるのか、このような疑問に自分なりに答えを出してください。

また、幅広い教養を身につけことも心がけてください。この先どのような分野が社会の主流になるのか、だれにも予想できません。どんな知識が将来重視されるのか確実な予想は存在しません。したがって、どんなことにも対応できるように、知識の引き出しを少しでも多く持つ必要があります。これもまた変化適応力の基盤なのです。

商学部長 青木 均


新入生に学生証が配布されました

本年度、愛知学院大学では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、本日の開催を予定していた入学式が中止となりました。
商学部では、本日の13時より新入生に学生証の配布とWebCampusの操作説明のみ行われました(履修や大学生活に関するオリエンテーションは、後日行われる予定です)。

学生証配布の模様は、本日15:49~19:00にCBCテレビ「チャント」にて放送されました。

 


卒業生の皆さんへ

卒業生の皆さん。ご卒業をお祝いいたします。
本来3月13日に卒業式が挙行されるはずでした。しかし,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,それが中止になりました。学生生活の節目を迎えることができず,皆さんは残念な思いでいっぱいでしょう。我々教職員も,卒業式の重要性を認識していますので,やはり心残りです。

今は実感がないかもしれませんが,大学で過ごした年月は,やがて皆さんにとって財産になります。大学で学んだ知識や思考に加え,そこで得た友人や人的ネットワーク,恩師とのつながり,思い出などが財産になります。それはきっと皆さんの人生を豊かにするでしょう。

皆さんは,卒業すると同窓生となります。ずっと愛知学院ファミリーのメンバーなのです。もしキャンパスを訪ねたくなったら,いつでも訪ねてください。また,同窓会組織(商経会)の活動に注目し,機会があればその会合にも参加してください。そういうことが皆さんの心の財産を増やすことになるかもしれません。

商学部長 青木均


パソコン組み立て実習

商学部「コンピュータシステム論」の授業の一環として、2月4日(火)に名城公園キャンパスのアガルスタワーにてパソコン組み立て実習が行われました。
今回参加したのは、商学部3年生の岡部さんと後藤さん。

当日は、まず部品の確認を行い、その後マザーボードにCPUやメモリーなどを取り付け、ケースに電源およびハードディスクやSSDとともに組み込んで完成しました。
最後に、Windowsをインストールしながら動作確認を行って終了しました。

岡部さんは「それぞれの部品がどのような役割を持っているのか、組み立てながら理解できて楽しかった」と話していました。
また、後藤さんは「1人ではやれなかったので、とても良い経験になった」と話していました。


第5回 ビジネスカンファレンス本大会が開催されました

2月6日・7日に、商学部が主催するビジネスカンファレンス本大会が名城公園キャンパスにおいて開かれました。
ビジネスカンファレンスとは、ポスター・口頭によって行われる学生主体の研究発表会です。
本年度から新たに論文セッション(懸賞論文)が加わりました。

6日にはポスターセッションとして、商学部の有志である10ゼミに加え、経営学部・経済学部からそれぞれ1ゼミずつ参加し、合計80チーム・個人が日ごろの研究成果を1枚のポスターにまとめ上げて研究発表を行いました。
参加者は、発表者と閲覧者とを合わせて200名以上に上り、コアタイムと呼ばれる質問時間に活発な質疑が行われました。

7日にはオーラルセッションとして、ポスターセッションで学生・教員から優秀と判定された6チーム・個人による、パワーポイントを用いた口頭による研究発表と質疑が行われました。

発表後には、論文セッションの受賞者と併せて表彰式が行われました。各セッションの受賞数と最優秀賞受賞者・研究内容は次のとおりです。

●ポスターセッション・オーラルセッション
最優秀研究賞 商学部4年 石黒裕太「なぜ男性用ボディケア用品が受けたのか」

優秀研究賞(首席) 1チーム
優秀研究賞 4チーム
優秀ポスター賞 3チーム
入賞 5チーム

●論文セッション
最優秀論文賞 商学部4年 森祐太「IFRSは財務情報のレリバンスを向上させるのか?」

優秀論文賞 3篇
入賞 1篇

大学生が自分自身の考えを他人に説明し、多くの第三者から意見をもらう機会はなかなかありません。ビジネスカンファレンスへの参加経験をぜひ自身の卒業論文や就職活動の面接、就職後に活かしてもらえたらと思います。

最後に運営委員の皆さん、本当にお疲れさまでした!

文責:岡野

ポスターセッションの風景1

ポスターセッションの風景2

最優秀研究賞 石黒裕太君の発表風景

最優秀研究賞 石黒裕太君の受賞

最優秀論文賞 森祐太君の受賞

カンファレンスを総括する青木学部長


学部長便り④

今回はビジネス情報コースについて説明します。

商取引を行うためには情報が欠かせません。十分な情報がなければ取引が失敗に終わる可能性が高くなります。取引相手,商品,取引条件などについて,取引に関わる者の間で情報のやり取りをする必要があります。さらに,その情報を社内や個人内で分析して,蓄積しておく必要があります。今やこの情報のやり取りにコンピュータ・ネットワークが使われています。

商学部ではその状況に対して,ビジネス情報コースを開設しています。そして,そのコースにおいて,ビジネス情報論,情報産業論,先端情報システム論,プログラミング,情報ネットワーク論,ソフトウエア開発論,マルチメディア論,データ分析などの科目を開講しています。

皆さんはパソコンやスマートフォンを使って,毎日,ゲームをしたり,動画を見たり,SNSに投稿したりしているでしょう。さらに,店を検索したり,レビューを閲覧したり,商品を注文したりすることもあるでしょう。これらがどのような仕組みで実現しているのか知りたくはありませんか? ビジネス情報コースできちんと学べば,それら仕組みの一端を自分なりに理解することができます。

文責:青木


学部長便り③

商学部には会計・金融コースがあります。文字通り,会計と金融に関連する学問を学ぶためのコースです。このコースはお金に焦点を当てています。

会計学は企業活動を金銭的に評価することに関わっています。金融論はお金の発生や流れを社会的にコントロールする仕組みを扱っています。会計学は本学の経営学部においても学ぶことができます。また,金融論は本学の経済学部においても学ぶことができます。しかしながら,商学部ではその2つを総合的に学ぶところに特徴があります。

会計・金融コースには,会計学,簿記,財務会計論,原価会計論,国際会計論,税務会計論,金融論,国際金融論,銀行論,保険論,損害保険論などが開講されています。

誰しもお金には関心があります。

「そもそもお金はどのように生まれたのか?」

「企業が儲かるというのはどういう状態なのか?」

「仮想通貨はお金なのか,違うのか?」

「取引で損をしてしまったら,どうすればそれを補償してもらえるのか?」

お金にまつわる疑問は尽きません。商学部の会計・金融コースはこんな疑問に答えを出す場です。

文責:青木


学部長便り②

商学部の学問領域を説明します。受験生には最終的な大学選択の参考にして欲しいと思います。

商学部には3つのコースが設定されています。すなわち,流通・マーケティング・コース,会計金融コース,ビジネス情報コースです。今回は,流通・マーケティング・コースを取り上げます。

このコースは,商取引(売買)にまつわる社会的仕組みや企業活動の原理を扱います。流通論,マーケティング論,広告論,消費者行動論,マーケティチング・リサーチ,ブランド論,小売経営論,流通政策,国際ビジネス論,国際商務論など多数の科目を開講しています。これらの科目は実際のビジネス活動を理解するうえで,どれも重要です。

例えば,チョコレート菓子のポッキーという商品があります。皆さんは,こんな疑問を持ったことはありませんか? 

 「なぜポッキーは50年以上も売れ続けるヒット商品になったのか?」

 「ポッキーはどのように作られたのか?」

 「ポッキーは海外でも販売されているが,そのために企業は何をしたのか?」

これらの疑問は,すべて,先ほど挙げた科目の内容に関わっています。流通・マーケティング・コースで,しっかり学べば,以上の疑問に対して自分なりに答えを出すことができます。

愛知学院大学商学部は流通・マーケティングを扱う学部としては中部地区で最も充実していると自負しています。

文責:青木


第5回商学部ビジネスカンファレンス開催

例年の通り,商学部公式研究発表コンテストのビジカンを開催します。

以下の日程の通りです。場所は2月6日が名城公園キャンパスアガルスホール,
7日が同キャンパス明倫です。商学部学生・教職員以外の見学を歓迎いたします。

2020年2月6日(10:30~14:30)ポスター発表
    2月7日(12:00~16:30)口頭発表


愛知インターカレッジ企業分析ディベート大会

2019年12月1日(日)名城大学天白キャンパスにて、2019年度愛知インターカレッジ企業分析ディベート大会が開催され、本学商学部から、中山ゼミと野口ゼミが参加しました。

大会には嘉悦大学、中部大学、東海学園大学、名城大学も参加し、総勢5大学6ゼミ16チームによって熱戦が繰り広げられました。
なお、本大会は、日経メディアマーケティング株式会社と株式会社プロネクサスの協力のもとで行われています。

各チームは、それぞれ航空業界、ホテル業界、ファミレス業界、カフェ業界、総合商社業界、電機メーカー業界、ドラッグストア業界、旅客運輸業界に属する企業2社を財務的な視点から分析し、プレゼンテーションおよびディベートを行いました。
大会で各チームは、審査員によって分析力、プレゼンテーション力、ディベート力、時間管理などといった観点から採点され、優秀チームが表彰されました。

本学からは、日経メディアマーケティング表彰として、カフェ業界を分析した中山ゼミチームが最優秀賞を受賞し、プロネクサス表彰として、ホテル業界を分析した野口ゼミチームが最優秀賞を、ドラッグストア業界を分析した中山ゼミチームが優秀賞を受賞しました。

大会後は、懇親会が開催され、対戦したチーム間でお互いの資料作成の苦労話や分析の裏話などに花を咲かせ、交流を深めました。


 

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.