| お知らせ | 愛知学院大学 商学部

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ

お知らせ

カテゴリー別アーカイブ: 教員

対面授業再開

愛知学院大学では、9月21日(月)より秋学期の授業が開始しました。
商学部では実習を伴う科目や演習科目など一部の科目で、学内での対面授業が再開されました。

学生からは
「友達や先生から直接教えてもらえて、コミュニケーションをとることができて良かった」
「周りに一緒に受ける学生がいるので、モチベーションが上がった」
などの声を聴くことができました。
一方で
「コロナの影響で通学が不安である」
との意見もありましたが、愛知学院大学では感染拡大防止の観点から、秋学期は対面授業においても通学困難な学生に向けてオンライン(Teamsなど)での授業コンテンツの公開を続けていきます。


学部長便り⑤

商学部では、9月21日(月)より秋学期の授業が始まります。
春学期中は商学部の授業は全て基本的に遠隔授業でしたが、秋学期は、演習、実習、語学の一部について、対面授業を実施します。
今年3月に名城公園キャンパスは拡張工事を終え、完成しました。全商学部生には、いよいよこのキャンパスに通ってもらえます。
遠隔授業は残りますので、通学機会は限定されますが、1年生には、ようやく大学生らしいキャンパスライフを送ってもらえると思います。
また、2年生以上の学生にも、半年ぶりにキャンパスでの学びを味わってもらえます。
キャンパスの各施設では、新型コロナウイルスの感染防止対策をとっています。
学生の皆さんもマスクや手洗いなどの対策をして、通ってきてください。
また、通学に不安がある学生は、遠隔でも授業が受けられるよう各教員が対応しますので、安心してください。

文責:青木


著書出版:『最新流通論』創成社

この度、商学部の青木均教授・尾碕眞元教授・岡野純司准教授が執筆した『最新流通論』が創成社から発刊しました。

流通の概要や、流通活動の担い手、流通における情報化、流通政策等を整理して解説しており、大学で流通を学ぶ学生に向けた初〜中級の教科書となっています。
1年生の流通論A・Bの授業で教科書として利用しており、執筆者のうち2名がそれぞれ担当していますので、書かれている内容について直接講義が受けられるようになっています。
2年生以上の方も流通論の授業で学んだ内容が更新されていますので、ぜひ購入して卒業論文やレポート作成に活用してください。

文責:岡野


ビジネス科学研究所発足

産業研究所と流通科学研究所が合併し、4月1日よりビジネス科学研究所が発足されました。
所長に城隆教授(前流通科学研究所長)が就任しました。

前産業研究所長の田畑康人教授は、4月に新設された愛知学院大学社会科学研究センター長に就任しました。


新教務主任のお知らせ

松本力也教務主任が3月31日をもって任期満了となったのに伴い、4月1日付で岡野純司准教授が商学部教務主任に就任しました。


新入生の皆さんへ(学部長挨拶)

新入生の皆さんの入学をお祝いいたします。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度は入学式を挙行できません。皆さんは大学生活のスタートを彩る式典に参加できず、残念な気持ちでいっぱいだと思います。いつもは、入学式当日に、皆さんに加え保護者の方々を前に、学部長挨拶を行うのですが、今年度はそれが叶いませんので、その代わりに、ここに挨拶文を掲載いたします。ここでは、皆さんにどのように学生生活を送って欲しいのか、私なりの考えを述べて挨拶といたします。

まず、皆さんが生まれた年に思いをはせてください。皆さんのほとんどは2001年前後に生まれたと思います。2001年はどういう年だったのか少し振り返ってみます。

この年、アメリカにおいて同時多発テロが起きました。ニューヨークの世界貿易センタービルに飛行機が衝突して、ビルが崩れ去りました。それに対して、アメリカ軍はアフガニスタンに侵攻しました。

日本においては、この年、中央省庁再編が行われました。その結果、厚生労働省や国土交通省などが生まれました。また、小泉純一郎さんが首相になり、小泉政権による「聖域なき構造改革」が日本中で話題になり、流行語にさえなりました。

経済面では、大阪にUSJが誕生しました。さらに東京ディズニーランドにディズニーシーが併設されました、本格的なテーマパーク競争時代が到来しました。ブロードバンドという言葉が登場し、ヤフーなどが有線による高速通信サービスを提供しました。本格的なネットビジネスの時代を迎えました。また、JR東日本が電子マネーSUICAを導入し、ようやく電子マネーの普及が始まりました。雇用面では、求人倍率は0.6程度と低くて、就職活動に苦労する学生が多く、就職氷河期という言葉が頻繁に使われました。

愛知学院大学商学部がこの年どういう状況にあったかというと、キャンパスは日進市にあり、商学科と産業情報学科の2学科体制、1学年の定員は550名でした。

あれから20年近く経ち、私たちの生活はどうなったでしょうか? 2001年当時インターネットはまだ特別な存在で、パソコンを利用して有線で接続していましたが、今ではスマートフォンが普及し、スマートフォンを使って無線で接続して、ゲームをしたり、買い物をしたり、メールを送受信したりするようになりました。電子マネーは今や当たり前の存在になり、バーコード決済など新種のキャッシュレス決済も私たちは活用しています。

この商学部をとりまく環境はどうなったでしょうか? 日進キャンパスから全面的に名城公園キャンパスに移転しました。この4月から全ての商学部学生が名城公園キャンパスで学ぶことになりました。現在学科は商学科1学科のみ。1学年の定員は250名です。キャンパス、学科、カリキュラム、定員など全く変わってしまっています。

こういう状況を踏まえて、新入生の皆さんがこの先4年間何をすべきなのか。これから皆さんが生きていく世界は、これまでと同様かこれまで以上に変化が激しいと考えてください。したがって、激しい変化に対応できる人材にならないと職業人として生き残っていくことは難しいでしょう。大学在籍中、変化に対応できる力の基盤を作り上げてください。

そのためには、どうすればよいのでしょうか?

大学には、中学や高校あるいは専門学校とは違う、際立った特長があります。それは、教育と研究が一体化している点です。研究とは、未知の事柄に対して、自分なりに答えを見つけ出す努力を指します。そのため、まず世の中で解明されていない事柄や現状の問題を見つけ出す必要があります。つぎに、それに対して、解決案の導出に向けて試行錯誤することが求められます。大学では、教員がリードして、この営みに学生を巻き込んで教育を進めるのです。教員が定まった答えを伝授し、それを学生に覚えこませることは大学教育の本質とはいえません。

皆さんは、拙いながらもその研究に積極的に取り組んでいくことによって、変化適応力の基盤が形成されます。変化の激しい時代、とくに経済においては、定まった答えなど存続しえません。答えはすぐさま古びてしまいます。したがって、自分なりに問題を見つけ出して、解決案を考察しなければならないのです。大学において、研究に巻き込まれれば、自分なりに問題を見つけ出して、解決案をひねり出すために試行錯誤する習性が身につきます。これこそが変化に対応できる力の基盤なのです。商学部では演習と呼ばれる科目を中心に、学生を研究に巻き込む教育が展開されています。例えば、なぜ今日本では人手不足なのに賃金が上がらないのか、どうすればアマゾンに対抗して小売店は生き残っていけるのか、このような疑問に自分なりに答えを出してください。

また、幅広い教養を身につけことも心がけてください。この先どのような分野が社会の主流になるのか、だれにも予想できません。どんな知識が将来重視されるのか確実な予想は存在しません。したがって、どんなことにも対応できるように、知識の引き出しを少しでも多く持つ必要があります。これもまた変化適応力の基盤なのです。

商学部長 青木 均


著書出版

この度,青木均教授が同文舘出版より『小売営業形態成立の理論と歴史――日本におけるスーパーマーケットの展開――』を発刊しました。
捉えどころのない小売営業形態について,日本のスーパーマーケットを例に,どのように把握するのか模索しています。


パソコン組み立て実習

商学部「コンピュータシステム論」の授業の一環として、2月4日(火)に名城公園キャンパスのアガルスタワーにてパソコン組み立て実習が行われました。
今回参加したのは、商学部3年生の岡部さんと後藤さん。

当日は、まず部品の確認を行い、その後マザーボードにCPUやメモリーなどを取り付け、ケースに電源およびハードディスクやSSDとともに組み込んで完成しました。
最後に、Windowsをインストールしながら動作確認を行って終了しました。

岡部さんは「それぞれの部品がどのような役割を持っているのか、組み立てながら理解できて楽しかった」と話していました。
また、後藤さんは「1人ではやれなかったので、とても良い経験になった」と話していました。


学部長便り①

もうすぐ本学の一般入試が始まります。
商学部では,昨年度を上回る数の志願者を得ることができています。

受験生の皆さん。商学部を第一志望にしている人も,そうでない人も,当たり前ですが,合格を目指して,試験が終了する最後の瞬間まで気を抜かず,力を尽くしてください。試験会場にはたくさんの競争相手がいて,気圧されるかもしれません。あるいは滑り止めの受験だからと,侮ってしまうかもしれません。しかし,入試の結果は思わぬものになることがあります。私の経験では,一番目に受けた大学の第一科目で,緊張のあまり受験番号を書き忘れ,それが気になって,第二科目以降の解答中上の空になってしまったことがあります。また,滑り止めだと思って軽い気持ちで受けた大学を不合格になったこともあります。今振り返れば,両方において,周囲を気にして,集中力を欠いていたのだと思います。平常心ではなかったということもできます。

受験生の皆さん。いつもの通りに,気持ちを落ち着かせ,自分を信じて,目の前の試験問題に集中してください。

文責:青木


産業研究所記念講演会(藤田幸男元教授講演)

令和元年11月2日(土)に、本学名城公園キャンパスのアガルスタワー10階会議室において、産業研究所主催の講演会が開催されました。

今回は「私立学校における宗教教育」という題目で、愛知学院大学商学部の元教授である藤田幸男氏による講演が行われました。
藤田氏は、早稲田大学を退職され名誉教授の称号を授与された後、平成6年4月より平成20年3月まで本学商学部(会計学)の教授および客員教授を務められました。
その後、兵庫県の夙川学院にて理事長および学長を務められました。

愛知学院と夙川学院での経験をもとに、仏教系大学とキリスト教大学の教育の特色および宗教教育のあるべき姿などについてわかりやすく話されました。
また、会計の基本原則である“substance over form(形式より実質の優先)”と“form over substance(実質より形式の優先)”から宗教教育の実情にからめて説明していただきました。
さらに、「宗教教育にあたって薦めたい本」についても紹介いただきました。

講演終了後は質疑応答の時間となり、学童疎開時だった時の話、愛知学院大学に赴任した時の話や大学教員としてのあり方など、大変興味深い話も聞くことができました。

商学部および経営学部の教員だけでなく外部の方も参加し、とても盛況な会となり、産業研究所最後の講演会に相応しい内容となりました。


 

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.