| ページ 2 | お知らせ | 愛知学院大学 商学部

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ

お知らせ

カテゴリー別アーカイブ: 研究

流通科学研究所講演会(加藤勇夫名誉教授講演)

12月14日(木)に本学名城公園キャンパス1104教室において、流通科学研究所主催の講演会が開催されました。

今回は「愛知学院大学で学び教え続けたマーケティング50年」という題目で、愛知学院大学加藤勇夫名誉教授による講演が行われました。
愛知学院大学において初めて商学博士を取得された加藤名誉教授は、まず愛知学院大学の歴史や愛知学院大学在学中に学んだことなどを話され、ご専門分野であるマーケティングの内容として、アメリカ・マーケティング協会におけるマーケティング定義の変遷、企業経営の基本的な考え方、マーケティングの発展や戦略などについて、専門外の学生にもわかりやすく説明されました。
そして、これから社会に出る学生へのメッセージなども熱く語っていただきました。

流通・マーケティングコースの学生だけでなく、色々なコースの学生および教職員も多数参加したため、会場は大変盛況となりました。

 


日本商業学会中部部会開催

2017年4月15日(土)愛知学院大学 栄サテライト・キャンパスにおいて日本商業学会中部部会研究例会が開催されました。
以下の2つの研究報告が行われました。

愛知学院大学商学部 岡野純司氏
「テナントの不当表示に起因する小売業者に対する景品表示法の適用問題」

愛知大学経営学部 太田幸治氏
「消費者は製品コンセプトを購買するのか? ~既存研究のレビューを中心として~」


岡田義昭商学部教授が新著書出版

岡田義昭教授がこのたび成文堂より『マクロ経済分析の地平』(301頁)を出版されました。

本著書は、2014年度~2016年度・愛知学院大学産業研究所個人研究プロジェクト「ポスト・クライシス時代の国際金融(1)(2)(3)」における研究成果をまとめられたものです。

今日、経済のグローバル化が急速に進んでいます。そこで本書において、動学的一般均衡理論の開放化を図った最先端の「新開放マクロ経済モデル」体系に基づいて、現実のマクロ経済・国際金融に関する様々な問題点を理論的・実証的に分析しています。


 

Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.